仮性包茎とカンジダ性包皮炎

MENU

仮性包茎からカンジダ性包皮炎に移行する

 

男性にとっては性生活を営む上で気になるのがペニスの形状です。自信を持ってお披露目できるだけでも、コンプレックスの度合いは異なります。見た目の異常がある場合には、どうしても奥手になってしまうことも少なくありません。

 

包茎には色々な種類がありますが、疾病のリスクが存在することを知っているだけでも、手術による改善をすべきという判断に至ることは多いのではないでしょうか。日本人でも割合が多いとされている仮性包茎は、カンジダ性包皮炎などの疾病リスクを背負うことになります。

 

通常は皮が亀頭にかぶっている状態で、勃起と共に剥けたり、手で剥くことができる軽度のものが仮性包茎です。包茎としては経度とされています。

 

しかし、こうした状態であってもカンジダ性包皮炎などのリスクが影を潜め、体調変化によって表立って症状を見せる場合があります。普段は空気に触れる割合が少ない仮性包茎は、菌が繁殖する温床となります。

 

だからこそ、カンジダ性包皮炎のような状態に至ってしまうのです。仮性包茎は亀頭が露出していない状態なので、どうしても不衛生になりやすく、湿気を帯びていることから、菌が自由に繁殖する環境に好都合なのです。それが、カンジダ性包皮炎という状態になる原因なのです。