亀頭包皮炎はすぐに治療

MENU

亀頭包皮炎はすぐに治療開始が望ましい

 

尿がカスのようにたまるのが恥垢です。それが繁殖して小さな傷に侵入すると、たちまち亀頭包皮炎の症状を呈します。赤くただれたり、痒みを伴うこともあります。人によっては痛みを感じることもあるほどです。

 

亀頭部分の皮膚は非常にデリケートです。そこに傷がつくということは考えにくいかもしれませんが、オーラルセックスや、自慰行為、性行為によっても傷がつくのです。それが原因で亀頭包皮炎以外のリスクをもらってしまう可能性もあります。
亀頭部分が隠れてしまっている包茎の男性におきやすいという特徴もあります。何度も繰り返す場合には、包茎手術を決意する人も少なくありません。

 

亀頭包皮炎は根本部分を改善しなければ、どうしても繰り返してしまう可能性があります。リスクを根元から絶つべきか、対症療法を選択するかは個人の判断になります。しかし、いずれも生活のスタイルを見据えた改善も検討することによって、リスクを最小限にすることが先決となります。

 

いくら手術によって亀頭包皮炎のリスクを小さくしたとしても、衛生環境が悪ければ、すぐに発症のリスクが高まります。滅多にありませんが、放置したままでは尿道が細くなってしまうこともあるので、早めの治療が大切なのです。