亀頭包皮炎の防御策

MENU

亀頭包皮炎の防御策について

 

亀頭包皮炎は、雑菌やカンジダなどから起こるものであり、男性にとっては頭を悩ませる原因としても注目されています。生活面での配慮によって発症のリスクを下げることができますが、意外と予防していてもかかってしまうというのも特徴的です。

 

細菌性亀頭包皮炎の場合には、黄色ブドウ球菌や大腸菌などの雑菌が原因の場合、痒みや発赤が伴い、性器が痛痒い感覚にさらされて、症状に気づくことがあります。病院に受診すると、内服薬や軟膏で治療が開始となります。カンジダ性亀頭包皮炎の場合にも同様であり、軟膏によって症状を抑える措置が一般的です。

 

抗真菌剤を利用することによって症状の改善を見込むカンジダ性亀頭包皮炎は、塗り薬による治療が主となります。しかし、細菌性と混合している場合もあるため、内服との併行的な措置によって治療される場合も多いのです。

 

いずれにしても性器への変化を主として受診するケースが多く、性器の状態を踏まえて亀頭包皮炎という診断に至ることが多いのです。あとは、細菌性かカンジダかの違いなのです。

 

性行為や自慰行為によっても亀頭包皮炎が発症となる場合があるので、自己管理体制の強化を図ることが、一番の防御策となるのではないでしょうか。