デーデルライン桿菌

MENU

デーデルライン桿菌のおかげで膣内は健康

 

女性の膣というのは基本的には常に清潔な状態を維持することができるようになっています。この膣内を清潔な状態に維持することができている理由というのは、膣内にデーデルライン乳酸菌呼ばれる細菌が住んでいるからなんです。

 

これは膣内環境を正常化するうえで欠かすことができない善玉菌なのです。デーデルライン桿菌はグリコーゲンを食べることで乳酸を産出し、膣内を酸性に保つことができるのです。この膣内を酸性にすることで雑菌から身体を守ることができているのです。

 

しかし、膣内を清潔な状態に保ちたいからといって、過剰に洗浄をしてしまうのは危険です。トイレに行くたびにウォシュレットで洗浄してしまっていると、デーデルライン桿菌も同時に流してしまうことになります。

 

そうなれば、乳酸ができなくなりますので、膣内が酸性ではなく中性になってしまいますので、雑菌を除去することができなくなってしまうのです。

 

この膣内が酸性でなくなることで、雑菌が増殖してしまえば、当然ですが膣内は不衛生になり、オリモノ等が酷く臭うようになることになります。膣内を清潔に保つことができなければ子宮に関する病気を発症する危険性も高くなってしまいますので、注意をしておくようにしましょうね。