カンジダ(カンジタ)膣炎の原因

MENU

「カンジダ(カンジタ)膣炎」の原因について

 

カンジダ膣炎はカンジダ菌というカビが繁殖することで起きる症状で、感染症の一つ。 性感染症によって発生すると思っている方も多いのですが、実際には性行為をしていなくても発症します。

 

性器の周辺には多数の菌が存在しますが、その菌によって発症するのがこのカンジダ膣炎なのです。 このカンジダ膣炎の原因となっているのがカンジダ菌という菌です。 カンジダ菌は健康な体では簡単に繁殖することができません。
つまり体が健康な状態ならば、カンジダ菌が悪さをすることはないのです。

 

しかし睡眠不足やストレスなど、様々なことが関係しカンジダ菌が増殖。異常繁殖すると、結果的にカンジダ膣炎を引き起こしてしまいます。 では、具体的にはどんなことが原因でカンジダ(カンジタ)菌が繁殖してしまうのでしょうか。

 

睡眠不足や疲労が原因で起こる免疫力の低下

 

免疫機能とカンジダ菌の増殖とは深い関わりがあります。 普段はこの免疫機能によりカンジダ菌の増殖が抑えられているのですが、睡眠不足の状態が続いたりストレスなどで免疫力が低下したりすることで、免疫機能がカンジダ菌の増殖を阻害できずにどんどん増殖していってしまうのです。それがカンジダ膣炎へと繋がります。

 

月経や妊娠などによって起こるホルモンバランスの乱れ 膣の中では膣粘液が分泌されています。この膣粘膜には洗浄能力があるといわれています。 そしてこの機能は正しいホルモンバランスによって働いているのですが、月経中や妊娠中、またピルを服用するなどしていると、ホルモンバランスが乱れてしまう場合があるのです。

その結果膣粘膜が正常に分泌されず、カンジダ菌が異常繁殖してしまう可能性があります。

 

抗生物質によって善玉菌が減少してしまう

 

善玉菌は膣内を保護する役割を担っています。しかしこの善玉菌が抗生物質などの服用により減ってしまうと、カンジダ菌から守る力が無くなってしまい、カンジダ菌が繁殖してしまいます。

 

下着を着用することにより通気性が悪くなる カンジダ菌は温かく湿気の多い場所を好みます。下着を長時間着用していると、どうしても陰部が蒸れやすくなってしまい、その結果カンジダ菌が好む環境が整ってしまうのです。